初めて投資を試みるならみんなで大家さんがべスト

大都市では中古物件で投資

お金と家

入居者がいる時に売却する

初めて不動産投資をする人に向いているのがワンルームマンション投資です。一棟マンション投資のように大きな資金がなくても、比較的手軽に投資ができます。初めてワンルームマンション投資をする時に大切なのが、収益物件の見つけ方です。収益物件というのは簡単にいうと利益率の良い物件のことです。初期投資額が低くて入居者が確保できるワンルームマンションを見つけることがポイントです。例えば大阪などは人口が多いので、中古のワンルームを購入するという方法があります。人口が多く需要も多いので、中古のワンルームでも充分に入居者が見込めます。しかも購入資金が安いので、収益物件になりやすいのです。大阪でワンルームマンション投資をする場合、大阪の中心街から30分程度離れたエリアが適しています。中古物件が多く、入居者も確保しやすいからです。このエリアで立地の良い中古ワンルームなら収益物件になります。大阪のような大都市では不動産売買も盛んなので、中古のワンルームでも収益物件ならすぐに買い手がつきます。家賃収入で中古ワンルームのローンを支払い終わったら、物件を売りに出せるというのもワンルームマンション投資のうまみです。収益物件ならすぐに買い手がつきますので、キャピタルゲインをまるまる手にすることができます。大事なのは売却するタイミングです。入居者がいる時に売却するのが最も良い方法です。空室の時に売りに出すと、買い手にとっては新たに入居者を募集するのがリスクとなります。入居者がいれば、そのまま引き継げるので売りやすいのです。